打ちっぱなしで寄せの練習

ゴルフ練習場(打ちっぱなし)でどういう練習をされていますか?
ドライバーからサンドまで主要なクラブをそれぞれ気分で球数を打っていますか?
私がラウンドに効果があったなぁと実感できたのは、寄せの練習を集中して行ったときです。
あらかじめ持っていくクラブは寄せで使うクラブのみに限定し、途中であきてドライバーを打ったりしないようにします。
練習場では50ヤードぐらいのところに、グリーンのようなものが作ってあったり、かごが置いてあったりします。
それらを正面の目標にとらえられるところで打席を確保してから、自分の飛距離のクラブでひたすらその目標物をねらって打ち続けます。
距離が把握しやすいように目標物をダイレクトにとらえられるようにします(ワンバウンドでかごにいれるとかは把握しにくいので)。
かごなどの目標物がなかったり、正面の打席があいていない時はヤード表示板を狙います。
はじめはなかなか当たらなくても20球目ごろから距離感があってきます。
目標物のあたりのみをねらうのでそのへんに固まって落ちているたくさんのボールをみれば、
視覚でこの距離は完璧だ、という自信が持てます。腕が疲れてなければクラブをもう一つ大きいのにかえて次の目標物をねらいます。
以上のような練習法は、意外とやっている人も多くおすすめです。

(PR)引越し即日でするなら引越し即日.jp

最初はゴルフ嫌いでしたが上達するにつれ好きになっていきました

私は現在都内でサラリーマンをしている30代の男です。

毎日仕事が忙しく朝から晩まで働いていてあまり趣味がなく、貯金で買った注文住宅失敗の件もあり、憂鬱な日々を送っていました。

そんな人間なのですが唯一の趣味がゴルフです。

もともとはあまりスポーツが好きではなかったのですが取引先の人に連れて行ってもらってからだんだんと友達や同僚といくようになりいまではかなり上達して毎週末楽しんでいます。始めは下手で人前でプレーするのは嫌だったのですがゴルフ番組を見て勉強したり、ゴルフバーみたいな所に行ってスイングチェックをプロの方にお願いしてだんだんとうまくなっていきました。最初はみんな下手だと思うのですが鏡の前でスイングチェックしたりジム通いをして体作りをすればだんだんと確実に上達すると思います。
自分ひとりでの努力は限界があると思うのでビデオに撮ってうまい人に見せてアドバイスをもらったり、教えるのがうまい人とコースをまわったりすると見違えるほど上達すると思います。
ゴルフは集中力や体力もいるので日ごろから集中力を高めたり、食事などでも意識することによってプレーの質が違ってきます。家に置けるような小さなグリーンを買ってパターの練習をすることによって自分のスイングが身につくので継続してがんばってください。

ゴルフ初心者の上達のために最も大事なこと

ゴルフ上達について一番必要なことは先入観をなくすことが一番重要です。それは頭で分かっていてもダメなもので、体自身が今までの動きを忘れる必要があります。
よく、ゴルフは子供の頃に練習すればうまくなるといいますが、子供頃というのはみなさん何も癖もなく先入観ももっておらず体が反復練習を覚え、正確のフォームを覚えていくます。しかし、大人になって始めた方は俗にいう野球打ちや見よう見まねで覚えたフォームが体に染み込んで正確なショットが打てなくなっています。これを修正するのはなかなか難しいもので、大人の凝り固まった体ではなかなか正しいフォームを覚えることは困難です。
それでもうまくなりたい場合はどうするか、正確なフォームを反復練習で体に染み込ませ、正しいフォームを体に染み付かせることです。正確なフォームを体が覚えることで、正確なショットに繋がり、そこから飛距離も伸びていきます。初心者が多く陥る大きなミスは力を入れすぎることです。ゴルフのボールは力で飛ばすものではありません。いかにドライバー、アイアンの飛距離が一番でるポイントにとまっているボールを当てることができるかです。野球のように相手が投げたボールを打つのではありません。とまっているボールにポイントを当てることが重要です。それが出来てから力を加えていけば飛距離はおのずとあがっていきます。

アプローチ練習法

個人的に、ゴルフを始めるならば素人に教わるのは辞めた方が良いと思っています。
いくら素敵な異性が「教えてあげるよ」と言っても、シングルの伯父さまが教えてくれるとしてもです。
なのでゴルフスクールに通う事をおすすめし、先生は1人に決める事も必須です。
また、女性ならば女性のインストラクターに習うのが良いと聞いた事があります。
なぜなら、スイングする際の身体の柔らかさや胸が邪魔をするなど、男性には分からない部分が女性のインストラクターには分かるからだとか。

ゴルフで一番重要なのがアプローチとパターですが、私はドライバーの飛距離があまりなく、パターもいまいちだったのでアプローチのみを強化する事に努めました。
まずは、スポンジボール15個程買い部屋の中でランニングアプローチ、ロブショットなどをじっくり練習しました。
部屋の中ですし、スポンジボールは飛ばないので分からないのでは?と思いますが、トップしたりダフった時は分かります。
これによりクラブがきちんとボールに入ったな。という感覚も身に付きます。そのため、コースに出てアプローチになってもドキドキする事がないのです。
また、週末には芝があるアプローチ練習場へ行き60ヤード圏内までの自分の寄せる振り幅を身体に覚えさせる練習もしました。
これにより、グリーン周りはとても得意になりました。